Home > パソコンについて > Windows の機能

Windows の機能 Archive

ユーザーアカウント毎のファイル・設定を移行する

Windowsではユーザーアカウント毎にメールやドキュメントのデータファイルや設定が保存されています。従ってワークグループ→ドメインに移行した場合など新しくユーザーを作成した場合は、ファイルの移動や設定、場合によってはソフトのインストールをし直さなければいけない場合もあります。
そこで、WindowsXPでは「ファイルと設定の転送ウィザード」という機能を使って簡単にユーザーアカウント毎のファイル・設定を移行することができます。
(全てのソフトの移行を保障するものではありません。移行後、必ずチェックしてください。)

Continue reading

WinXP Pro ワークグループで細かくファイル共有設定をしたい

ドメインに参加している場合は、ファイル・フォルダに対し、各ユーザー・グループ毎に権限の設定変更ができるのですが、ワークグループの場合は共有するかしないか、読込権限か変更権限かしか設定できません。
特にローカルユーザーに関してはまったく設定できません。

 ワークグループの場合でもドメイン参加時と同様に細かく設定できるようにします。
(Windows XP Professionalのみの機能です。Home Editionでは設定できません。)

まずマイコンピュータを開き、ウィンドウ上部の【ツール】→【フォルダオプション】をクリックします。
「フォルダオプション」画面で【表示】タブを開き、「詳細設定」欄で「簡易ファイルの共有を使用する(推奨)」のチェックを外します。
これで【OK】をクリックしてフォルダオプションを終了します。

この状態で設定したいファイル・フォルダを右クリックして【プロパティ】をクリック→【セキュリティ】タブ で
ドメイン参加時と同様にユーザー・グループ毎のアクセス許可の設定ができるようになります。

セキュリティを気にする人ほど必要な設定だと思うのですが、逆にWindows的にはこの機能が非推奨なんですね。。。

Outlook Expressでユーザーの設定をバックアップ・復元

Outlook Express で複数人の「ユーザーの管理」をしているパソコンを2つ以上作る時・・・
レジストリからそのユーザーをエクスポートして、新しいパソコンにインポート。

レジストリキーはこちら
HKEY-CURRENT-USER\Identities\{Identity Number}

Usernameを頼りに、Identity Numberを右クリックして「エクスポート」
.regファイルが出力されるので、別のパソコンでダブルクリックして取り込み。

ただし、ユーザーの切り替え時に使用していたパスワードと
メールアカウントのパスワードはエクスポートしても取り込めないので、
もう一度設定してやる必要があり。

もうちょっとスマートな方法があるのかもしれませんけどね。。。

ホーム > パソコンについて > Windows の機能

Search
Feeds
Meta

Return to page top