Home > LAN管理 > 一定期間更新のないファイルを自動的に移動

一定期間更新のないファイルを自動的に移動

ネットワーク管理をしていて厄介なのが、共有フォルダに分別なくファイルを置いていかれること。ファイルやり取りなんかだったら移動してくれたらいいのですが、皆さんコピーしてくれるのでファイル・フォルダが横にどんどん増えていき、共有フォルダから消すに消せなくて困っています。そこで、一定期間更新のないファイルを、自動的・定期的に共有フォルダから共有されていないフォルダに移動し、クライアントからは消えてしまったように見せたいと思います。

Windowsのタスクを使って、定期的に実行させるため、batファイルで動かしたい・・・ということを考えてDOSコマンドで書こうとしていたところ、「FastCopy」というフリーソフトに行き当たりました。このFastCopyは「コマンドラインモード」が用意されていて、表記の通りにコマンドを書くことで、簡単に思い通りにbatファイルとして動かすことができます。

さて手順ですが、まずFastCopyをダウンロードし、解凍したフォルダを保存します。(私は C:\Program Files\FastCopy というフォルダを作成して、そこに保存しました)

次にメモ帳を起動させて、「FastCopy」ホームページの「コマンドラインモード」を参照してコマンドを書いていきます。私の場合は以下の記述になります。(ログファイルも念のためとっています)

“C:\Program Files\FastCopy\FastCopy.exe” /force_close /cmd=move /to_date=”-7D” /logfile=”C:\Program Files\FastCopy\fastcopy.log” [移動元フォルダ] /to=[移動先フォルダ]

これをメモ帳の「名前を付けて保存」で、拡張子を bat にして保存し、Windows のタスクスケジューラで定期的に動作させます。私の場合は1日1回(午前5:00)、移動元フォルダを見て、最終更新日から7日以上経ったものを移動先フォルダに移動させるように設定しています。

なお、今回はコマンドラインで「FastCopy」を説明しましたが、GUIでもかなり使える、シンプルながらも便利なフリーソフトです。実はこのソフトもUSBメモリに格納して動かすことができるので、重宝しています。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.yamane.in/pc/lan_management/auto_move/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
一定期間更新のないファイルを自動的に移動 from 徒然なる草日記

Home > LAN管理 > 一定期間更新のないファイルを自動的に移動

Search
Feeds
Meta

Return to page top