ホーム > タグ > レジストリ

レジストリ

ユーザーアカウント毎のファイル・設定を移行する

Windowsではユーザーアカウント毎にメールやドキュメントのデータファイルや設定が保存されています。従ってワークグループ→ドメインに移行した場合など新しくユーザーを作成した場合は、ファイルの移動や設定、場合によってはソフトのインストールをし直さなければいけない場合もあります。
そこで、WindowsXPでは「ファイルと設定の転送ウィザード」という機能を使って簡単にユーザーアカウント毎のファイル・設定を移行することができます。
(全てのソフトの移行を保障するものではありません。移行後、必ずチェックしてください。)

Continue reading

たろう的USBメモリ活用法 ③

【←USBメモリ活用法②

CCleaner Portable

不要ファイルのクリーンアップとレジストリの最適化ができます。レジストリ最適化するのに、インストールしてレジ増やすのはちょっとなぁ・・・ていう矛盾があったので・・・

Wise Disk Cleaner Portable

レジストリの最適化だけならこちらの方が効果がありそう。起動後、画面右上の「Settings」→「Default Languages」で日本語に設定できます。
くれぐれもレジストリのバックアップをとってから作業してください。

Defraggler Portable

セクタ毎の表示がなんとも懐かしいデフラグツール。時間はかかる分、かなりしっかりデフラグしてくれます。デフラグするのに、インストールしてファイルサイズ増やすのはなぁ・・・ていう矛盾があったので・・・

USBメモリ活用法④→】

Outlook Expressでユーザーの設定をバックアップ・復元

Outlook Express で複数人の「ユーザーの管理」をしているパソコンを2つ以上作る時・・・
レジストリからそのユーザーをエクスポートして、新しいパソコンにインポート。

レジストリキーはこちら
HKEY-CURRENT-USER\Identities\{Identity Number}

Usernameを頼りに、Identity Numberを右クリックして「エクスポート」
.regファイルが出力されるので、別のパソコンでダブルクリックして取り込み。

ただし、ユーザーの切り替え時に使用していたパスワードと
メールアカウントのパスワードはエクスポートしても取り込めないので、
もう一度設定してやる必要があり。

もうちょっとスマートな方法があるのかもしれませんけどね。。。

Home > Tags > レジストリ

Search
Feeds
Meta

Return to page top